読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

grandmasayuri.com(グランマさゆり)-サードエイジ-

~人生の後半もワクワク楽しく!~

「台湾カレー」辛い!旨い!のお家でできるカンタンレシピ公開

こんにちは。
名古屋では、台湾ラーメン、台湾まぜそばに続き、「台湾カレー」がキテるらしい。
名古屋台湾系といえば、ニンニクとピリ辛味噌で炒めたミンチがたっぷり、それにネギと卵黄がのったもの。台湾まぜそばは、既に東京にも進出し、人気となっていますね。
次は、台湾カレーが来るかも?
ということで、お家でできる、カンタンな台湾カレーのレシピをご紹介します。

「台湾カレー」辛い!旨い!のお家でできるカンタンレシピ公開

 

1 名古屋台湾系と台湾カレー

ちょっと、古い記事ですが・・・。

B級感と中毒性を兼ね備えた「台湾カレー」は新・名古屋メシとなるか?

地域特有のご当地グルメには事欠かない名古屋。味噌カツや味噌煮込みうどん、きしめん、ひつまぶしなど名古屋だけで食べられるメニューは枚挙にいとまがなく、それらは「名古屋メシ」と総称される。その中で新たな名古屋メシとなるか? と注目を集めているのが「台湾カレー」。今年4月に名古屋からほど近い愛知県犬山市にその名も「元祖台湾カレー」がオープンし、話題となっている。

「元祖台湾カレー」が放つ「台湾カレー」(790円)がいま注目されている!
なぜ名古屋なのに台湾カレーなのか? なぜ1店舗の看板商品にすぎないメニューが注目を集めているのか? 名古屋以外の人は疑問を感じるのではないだろうか。

進化の系譜「台湾ラーメン→台湾まぜそば→台湾カレー」

名古屋メシにある程度関心のある人であればすぐにピンと来るが、台湾カレーはそもそも「台湾ラーメン」の派生メニュー。台湾ラーメンとは名古屋市千種区に本店を構える台湾料理店「味仙」(みせん)発祥のラーメンで、台湾出身の店主が現地の担仔(タンツー)麺を激辛にアレンジしたもの。

台湾ラーメンは昭和40年代に考案され、今では名古屋市内のラーメン店、中華店のおよそ半数で台湾ラーメンが食べられると言われるほど。本場・台湾には存在しない名古屋生まれの台湾ラーメンとして定着しているのだ。

続いて、この台湾ラーメンをヒントにして生まれたのが、台湾ミンチ(豚のひき肉に唐辛子などを合わせて炒めた激辛ミンチ)をゆで麺にぶっかけた「台湾まぜそば」。「麺屋はなび」(名古屋市中川区)が2009年に考案した。店主は味仙出身者の店で修行した、いわば味仙の孫弟子筋にあたる。

この台湾まぜそばも、元祖店での爆発的ヒットを受けて後追いが続出。今では名古屋近辺のおよそ200店舗で食べられると言われ、しかも、うどん店や居酒屋、焼肉店、さらにコンビニなどラーメン店以外でも広く採用されている。奇しくも台湾ラーメン同様の広がりを見せていて、今や堂々と名古屋メシの仲間入りを果たしたと言える。

そして、この最も新しく最も勢いのある名古屋メシ、台湾まぜそばを生み出した「麺屋はなび」が監修したのが台湾カレーなのである。

「"台湾ミンチをカレーにかけたらうまいんじゃないか"という大将(『麺屋はなび』の新山店主)の思いつきから生まれました。台湾ミンチは『麺屋はなび』のレシピ通りですが、ルウはスパイスの調合や隠し味の追加など試行錯誤をくり返し、台湾ミンチの存在感と両立するものに仕上げてあります」と中西将基店長。

メニュー化の際には「元祖」にこだわり、インターネットで類似するメニューがないかを徹底的に調査した上で、これまでにない新しい料理として売り出すことにした。「麺屋はなび」は名古屋では既に行列のできる店として名前が通っているが、そこからあえて独立させた台湾カレー専門店としてデビューさせたことからも、新たなご当地メニューに育てていきたいという並々ならぬ決意が伝わってくる。

マイナビニュース 2014/10/19 大竹敏之氏の記事より

 

「台湾カレー」辛い!旨い!のお家でできるカンタンレシピ公開

      写真は台湾ラーメンです。

2 かんたんレシピ 4人分 <準備するもの>と<作り方> 

台湾ミンチ

  • 豚または合挽きミンチ 400g
  • 長ねぎ 1本
  • おろしにんにく 大さじ1
  • 赤唐辛子 2本(ねぎとともに刻んでおきます)
  • 豆板醤 大さじ2
  • 醤油 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • ごま油 大さじ1
  1. 熱したフライパンに、油を引き、豆板醤を入れる。
  2. 次に、ミンチを入れ炒める。
  3. 砂糖を入れる。砂糖は肉を柔らかくします。
  4. ミンチの色が変わったら、ねぎ、赤唐辛子、醤油を加える。
  5. 最後に、ごま油で風味をつける。完了したら、皿に盛っておく。

 *焦がさないよう、弱火で炒めるのがポイント。

カレー

  • 玉ねぎ 1コ
  • 人参 1/2本
  • じゃがいも 1コ
  • カレーのルーまたはカレー粉など 4皿分
  • サラダ油 大さじ1
  • 水 2と1/2カップ(500ml)

 *メインは、台湾ミンチなので、カレーの材料は細かく少なめにしておくのがポイント。   

  1.  厚手の鍋にサラダ油を入れて熱し、野菜をよく炒める。
  2. 水を加え、沸騰したらアクをとり、柔らかくなるまで弱火で煮込みます。煮込むこと約20分。
  3. 一旦火を止め、ルーを割って入れ、よく混ぜ、溶かします。
  4. 再び火を着け、弱火でかき混ぜながら煮込みます。とろみが付いたら完了。

カレーに台湾ミンチを合体

  1. ②カレーの鍋に、①の台湾ミンチを入れ、ミンチも温まったら、OK。
  2. カレーをご飯の上に盛ります。
  3. 真ん中に、卵黄を乗せ、ねぎを散らしたら、台湾カレーの完成です。 

台湾ミンチさえしっかり作れば、あとはいつものカレーに足すだけ。
とってもカンタンですよ。
寒くなってきて、風邪を引いている人もチラホラ。
辛い!旨い!の台湾カレーで、元気に、温まってはいかがでしょう。
お店のトッピングには、唐揚げ、海苔、チーズ、キムチなどがあるらしいですよ。

 

「台湾カレー」辛い!旨い!のお家でできるカンタンレシピ公開

 

ご参考まで