読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

grandmasayuri.com(グランマさゆり)-サードエイジ-

~人生の後半もワクワク楽しく!~

看護師が転職サイトを使わずに、自力で転職活動することを勧める理由

お金(収入を増やす&節約術) 暮らし


「病院を辞めようと思っているけど、どうやって転職活動をしたら良いか分からない」

「転職サイトを利用すべきか、それとも自力で転職活動をすべきか、どっちが良いかな?」
この記事はそんな方へ向けて書いています。

はじめまして。元看護師のミホと申します。
今は3歳になる「自閉症スペクトラム」の息子の子育てで手一杯のため、専業主婦をしています。
出産までに、総合病院や個人医院に10年程勤めていました。

看護師が転職サイトを使わずに、自力で転職活動することを勧める理由

1 転職サイトのデメリット

(1) 電話やメールがしつこい(転職サイトにもよります念のため)

看護学校を卒業して、最初に就職したのは大きな総合病院でした。
病院を退職したのは、結婚して地方に転居しなくてはいけなかったからです。
一度、転職サイトに登録したものの、結局サイトを介して転職しませんでした。
転居や結婚などでバタバタしている中、電話が結構しつこかったのを覚えています。あとメールも(転職サイトにもよると思いますが)。
もちろん転職サイトの方は、それが仕事であって、一人登録するごとに◯◯円入るから必死なのは分かるんですけどね♪

(2) 希望・要望をしっかり聞いてもらえない(転職サイトにもよります念のため)

もちろん登録した以上、利用してほしいのは分かるんですが、あまりこちらの要望を聞いてもらえず、売り込みたい病院を押してきたり(転職サイトにもよると思いますが)・・・。
転職サイトからすれば、高い案件へ成約率を上げることが仕事なので、当然といえば当然。
電話やメールでもそうですが、担当者によっても回数が多かったり少なかったりするように、意図を汲んでくれるかも担当者次第のところもありますね。

(3) お祝い金による制約

病院によっては支度金やお祝い金がいただけるところも。
転職サイトからも別途お祝い金がいただけるところもありますが、注意が必要です。
規約などで「◯ヶ月以上勤務」が条件になっているため、辞めるに辞めれないこととなってしまいます。

2 転職サイトのメリット

  • 履歴書や自己PRのチェックをしてもらえます。
  • 給与など中々個人では聞きにくいことを、相手方と交渉してもらえます。

一般的には他にも、「非公開求人も」っていいますが、非公開って何でしょ?
何かやましいことを想像してしまいますが・・・。
「事前見学」ってのも、別に自力で転職活動しても、見せてもらえますよ。
病院側は「見学して、ウチに来てもらえるんなら、どうぞ!」っていうスタンス。
なので、転職サイトをホントに利用すべき人は、履歴書などの書類チェックをしっかりお願いしたい人(人材難のためホントにヤバイ人以外、書面が残念でも、だいたい通ります)や、給与面で交渉の余地がある幹部クラスの人に限られると思います。
*なお、仮に転職サイトに登録後、利用を止めたければ、その旨を伝え退会登録して、それでもしつこく電話等がかかるようなら着信拒否にしておけばいいですよ。

 

www.grandmasayuri.com

 

3 看護師が自力で転職活動をする方法

(1) 転職先のみつけかた

ア 恩師や知人の紹介

看護学校を出て間もない場合は、看護学校の恩師や学校で既卒の子の就職を斡旋してくれることがあります。
また、看護学校時代の同期や先輩・後輩がいる病院等で、看護師を募集しているところが少なくありません。
どんなネットの病院口コミ情報よりも、リアルな看護師の口コミのほうが絶対正確です。
看護師は他の職種と違って、横の強がりも強い職種なんだと思います。 
地域や学会などの各勉強会などに出席すると、いつもよく会う人とかとは知り合いになったりすることもあります。
知人の紹介なら、入った後で「しまった」「こんなはずじゃなかった」ということもないはずです。

イ 新聞の折込チラシやHPでの募集

地方の個人病院や総合病院なら、新しく開院されたり病棟が新設されたときなどにチラシで募集しています。
チラシに入っていなかったとしても、どこも病院は慢性的な人材不足が多いでしょうから、HPに募集が載っていたりしますよ(^o^)
あまり良く知らない病院なら、電話をして一度見学に行ってみることをオススメします。
文章では伝わらないこともありますし、疑問に思ったことは早めに解消しておくのが無難です。

ウ ハローワーク

ハローワークの求人はネットでも検索できて便利です。
ただ、勝手なイメージかもしれないですが、無料で掲載できるので、一般的にあやしいのがあったり給与額が全然違っていたりすることもあるようなので、注意が必要です。

(2) 履歴書や自己PR

横のつながりが強い看護師ですから、特に嘘はいけません。
嘘をついても、入ってからバレることも。
前の病院での退職理由は要チェックですね。
以前に患者さんへ誤投与してしまったり、薬のチェックを怠ったことで、病院に居づらくなったとすれば、そういう看護師は特によく観ていなくてはいけないから。
大事なのは、注射などの処置がしっかりできるか、他のスタッフと協力してやっていけるか、ミスをしてもちゃんと報告ができるか、だと思います。
他の職種と違い、看護師はチームで動いています。
ですので、他のスタッフと連携が取れないと、患者さんの生命に関わる重大なインシデントの危険があります。

(3) 介護や育児での勤務時間の要望

転職サイトを介すよりも、直接相談したほうが曲解して伝わることもないですし、親身になってもらえます。
育児はみんな誰もが通った道ですし、介護は多くの人が実際に直面している問題だからです。

4 おまけ

どうしても自力の転職活動では、うまくいかない人は、転職サイトを利用してみるのも。
それで、叶った病院が見つかるのなら何よりです(^o^)

 *なお、しつこい業者さんは中小企業のトコロが多いみたいなので、大手が良いと思いますよ。

大手の転職サイト:「ナースフル」リクルート、マイナビ、「ナースではたらこ」ディップ。 

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]

お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]

一人でも多くの看護師さんが職場復帰して、より多くの患者さんを救ってくれるのを願っています。
私も長男が養護学校に入ったら、復帰する予定です。