読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

grandmasayuri.com(グランマさゆり)-サードエイジ-

~人生の後半もワクワク楽しく!~

NHKスペシャル「認知症”1300万人”その解決策はこれだ!」

NHKスペシャル「認知症”1300万人”その解決策はこれだ!」を観ました。
「早期対応、一人暮らしを守る秘策」などをまとめました。
認知症社会に向け、できることを考えさせられました。

NHKスペシャル「認知症”1300万人”その解決策はこれだ!」

 

早期対応、驚きの結果、一人暮らしを守る秘策

2025年の認知症社会1300万人

団塊の世代が75歳になる、2025年には認知症予備軍(MCI)も含めて認知症が国内で1300万人に達すると予想されています。

国民のうち9人に1人が認知症という数に。
65歳以上の高齢者では、3人に1人が認知症という驚きの数に。
2025年日本は、認知症社会に突入するのです。
その兆候は、既に。
認知症患者の徘徊の増加。
徘徊による行方不明者は、年に1万人以上にも。
ココ数年で3割も増加しています。
介護人材も不足しています。
2025年には、介護人材が38万人不足する、と言われています。

これを乗り切る方策は、あるのでしょうか?
認知症検査により、認知症になる前に手立てが必要。
安心して暮らせる方策は?
キーワードは「キャバレー」。
予防にも効果が現れているようです。

国立長寿医療研究所 所長の島田先生によれば、
2025年には認知症患者が増えることで、高齢者ドライバーによる交通事故が増加するだろう、とのこと。
今まで保護される立場だった認知症患者が、加害者になるという事実。
現在でも75歳以上のドライバーによる死亡事故の5割は、認知症患者によるもの。
ココ数年で1.5倍増加しているそうです。
高速道路などでの逆走の1割は、認知症患者によるもの。
2015年には、自動車運転免許を持つ認知症患者が252万人のところ、2025年には350万人に増加することが推計されています。
救急医療も崩壊
2007年には、認知症患者の救急搬送が12人に1人の割合。
コレが2025年には、12人に3人ないし4人の割合になると推計されています。
介護施設の不足
2025年には、特養の待機が62万人と推計。
介護人材の不足も38万人になると推計されています。
特養などの施設に入れなければ、自宅で介護するしかなく、介護離職も増加すると思われます。

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)
厚生労働省は、認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)を策定し、「認知症の人が住み慣れた地域の良い環境で自分らしく暮らし続けるために必要としていることに的確に応えていくことを旨としつつ、以下の7つの柱に沿って、施策を総合的に推進していくこと」としています。

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)/厚生労働省

命にかかわる問題も
特に一人暮らしの認知症患者の孤独死が増加することが、予想されています。
現在、一人暮らしの認知症患者は96万人ですが、2025年には140万人を超えると推計されています。
また、一人暮らしの認知症患者の徘徊の増加も。
「駅近くで倒れて保護されたけれども、どうしてここにいたのか分からない」などのケース。
武藤教授も、山・川・路上でお亡くなりになる認知症患者の増加を指摘しています。
結城教授は、2025年には、認知症患者が交通事故などで、加害者になり、その家族は、加害者家族になってしまう危険性を指摘します。

認知症予防と認知症社会の解決策

2025年になるまで、あと8年あります。
8年かけて出来ることを積み上げて、一緒に暮らしやすい社会を作っていきましょう。
今は、その分水嶺とも。
軽度認知症の患者は、穏やかでふつうの生活が、できます。
したがって、「軽度」の期間を長く保てば、認知症の重症化を軽減できるようになる、といえます。
フィンランドで、軽度認知症の患者1200人を対象に、下記の実験が行われました。

  • 1日に30分ほど、早歩きなどの運動を行う
  • 野菜や魚などを多く摂取する食事療法
  • 記憶力を使うゲームを行う

これらを2年続けることで、平均25%UP(認知症が軽減)しました。
国内では愛知県の大府市で、
「歩きながら10まで数え、3の倍数には手を叩く」という運動療法が行われています。

埼玉県幸手市では、
普段から高齢者が集まる場所へ専門家の方から足を運ぶ取り組みが行われています。
専門家らが場を作ってしまう取り組みも。
その名も「しあわせすぎキャバレー」。
ホステスさんは、看護師や介護士などのプロの方です。
地域の人にも馴染むような方法で知恵を絞っています。
「ポピュレーションアプローチ」
どなたでも、皆で参加しようというもの。
これにより認知症患者の参加率が3倍になったとの報告もあります。
「いかに活動するか」が、予防や認知症抑制につがっていきます。

「軽度」であっても、「認知症」ということは、本人には中々受け入れられないもの。
「認知症」という言葉には、高い壁があるとも。
周りで「認知症になっても、大丈夫なんだよ」と言ってくれる人がいることが大切です。

2025年には介護施設(特養の待機)が62万人。
介護人材も38万人不足すると推計されています。
これには、ロボットなど最新技術を適用するなどして、解消することが望まれています。

認知症は何歳から気にしたほうが良いんでしょうか?
早い人で、40代50代から発症します。
できるだけ早いうちから意識しておくとよいでしょう。

2025年の最大の問題は、一人暮らしの認知症患者
2025年には144万人になると推計されています。
家のなかで誰にも気づかれず熱中症などの病が悪化するなど、生命の危険にさらされるおそれがあります。

一人暮らしの認知症患者を守るために

現在、24時間体制の看護師や介護士の定期巡回サービスが行われているところも。
制度上、1日の回数は決まっているので、事業所の4割は赤字との報告もあります。
また、一度に医師や看護師、施設長、薬剤師など5.6人が一度に訪問するので教授総回診のようだとも。

この点は、オランダのビュートゾルフ在宅ケア事業所の例が参考になります。
看護師が、介護士などのすべてのことを1人で行うシステムです。
そのため、看護師はケアプランも作成(日本ではケアマネジャーが作成)します。
薬が残っているかのチェックも、その看護師が。
一方で、患者に応じて一人でできることは、本人にやらせ手伝わないそう。
散歩や見守りは、ボランティアが行います。
これらにより、定期巡回できる人は、大幅に増加しました。
一人が専門でこなすことで、従業員満足度は全職種中1位の結果にも(給与額は日本と変わらず)。
国際医療福祉大学院の堀田教授は、
「日本のスタッフも本来はトータルで支えたいと思っている、現状は部品のように感じている人も多い」と。

2025年消費者のうち、9人に1人は認知症患者となります。
企業も、こういった方を無視しては生き残れないでしょう。

会場におられた認知症患者も、洗車や駄菓子屋さん、読み聞かせや市役所の会議など、活躍できる場が作られて(あって)、いきいきと生活されているようでした。

 

【NHKスペシャル】 私たちのこれから Our Future|NHK

 

www.grandmasayuri.com

 

 

www.grandmasayuri.com