grandmasayuri.com(グランマさゆり)-サードエイジ-

~人生の後半もワクワク楽しく!~

株デイトレも時間帯を意識してみよう

先日、シストレを考えてた人にアドバイスした。
そんなこともあったので、トレーディングについて考えてみた。

株デイトレも時間帯を意識してみよう

 

diamond.jp

FXの本を読むと、よく「◯◯の時間帯だから、為替はこう動くはず、△△の時間帯だと為替は一方的に動くからこうしましょ。」って書かれているのをみる。上記記事にも時間帯によって値動きのクセがあるとしている。

では、株では、どうなんでしょうか?

株デイトレも時間帯を意識してみよう

 

仕事は午前中の2時間だけデイトレで毎日稼ごう!|個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!|ザイ・オンライン

 

多くのトレーダーは午前中の2時間だけという方が多いのです。というのも、株価が勢いよく上下に動くのは、寄りつきからせいぜい1時間程度だからです。
この時間帯を過ぎると、次は午前中の前引け間際の11時15分から11時半までの時間帯に、再び取引が活発になります。昼休みの時間帯にどんなニュースが飛び出すかわからないので、とりあえず、ポジションを閉じておこうという動きで商いが増えます。
あとは、後場寄りつきから1時までの30分間も取引が活発になりますが、これは欧州からの注文が入る時間帯になります。
この時間帯を過ぎると、大引け間際の2時45分から3時までの15分間が手じまいと翌日に向けたポジション取りでにぎわう時間帯です。
デイトレを始めた当初から、10時を過ぎた途端に動かなくなることを実感していましたので、私は、寄りつきから10時までが勝負と割り切ってトレードしてきました。この時間帯にエントリーしてエグジットできないときは、たいてい負け込んでいて損切りできなくなっています。
私の場合も、トレードの8割は午前10時までに手じまいしていますし、すべてのトレードの5割程度は9時半までに結果が出ています。
ですから、極端な話をすると、デイトレは9時半までの時間帯が勝負だということです。

上記記事 ザイ・オンライン より

   *なお、赤字は、私がつけました。 

 1 寄り付き 9時

日経平均は、前日のアメリカ市場の影響を強く受ける。したがって、アメリカが上がれば上がり、アメリカが下がれば下がる傾向がある。もっとも個別株は、それぞれの材料が関係するので、傾向との関連はおちる。また、前日15時以降の日銀や決算など個別の材料も影響を与える。

yahoo株式ランキングで銘柄別投稿数の多いものなど、注目を浴びている個別株は、最初の30分が勝負。それ以降は追わない、もしくは追っても必ず損切、逆指値を怠らないのが吉。

2 後場寄り付き 12時半

11時半から12時半までの間に出た材料に影響を受ける。注目株が9時から9時半で一旦上がり、その後なだらかに下落・横ばいの場合は、後場寄り付きから15分程度上がることもある。 

3 後場引け 15時

14時半・14時45分の間から15時にかけて、株価は9時の値に戻りやすい傾向がある。また引けで指数組み直しなどセットしているところもあるので、注意。特に引けにかけての動きは早く感じる。

4 全体

なお、アメリカ市場以外に、午前中に場が開く中国市場もチェック。特にマイナス要因は影響を受けやすい。

また為替も重要であり、常に為替の動きをチェックしながら、トレードした方が良い。個別株で為替の影響を受けやすいか、連動しやすいかは、それぞれ判断スべき。

最近の日本市場は出来高が少なく、閑散としている。そのため、方向が見えづらい。場が賑わってきてから、入るというのも手だ。

すべての株が同じ動きをすることはない。個別株や関連業界には特有の動きもある。

儲けるコツは、自分が得意な分野の株を売買すること。

 

デイトレでもっとも重要なのは、損切りすることだ。損切りできずに塩漬けにしてしまう初心者は数多い。しかし、著名デイトレーダーは必ず損切りをしている。最初は勇気のいることだと思う。自分でするのが難しければ、今は「逆指値」を設定しておけば、自動で損切りしてくれる。

ここに書いたことは、私が感じたことである。もちろん異なる意見もあるだろう。 
トレーディングは自己責任でお願いしたい。