grandmasayuri.com(グランマさゆり)-サードエイジ-

~人生の後半もワクワク楽しく!~

「これが世界最先端!“認知症”予防SP」NHKガッテン2017年5月17日

いま認知症は予備群も含めると高齢者の4人に1人の割合に。
認知症の7割がアルツハイマーになってるんだそうです。
アルツハイマー患者の脳の中では何が起こっているんでしょうか?
これまでアルツハイマーは予防も難しいとされていました。
ところが近年、予防に向けた研究で新たな発見がありました。
常識が次々と覆されます。
普段でもカンタンに実践できること。
「◯◯を変える!」
とても安くて、いつもできること。

これが世界最先端!“認知症”予防SP

 

1 脳のゴミを排出

若い人も他人事じゃないアルツハイマー病。
考えたとき脳の中でゴミが発生します。
そのゴミの名は「老廃物」。
困ったことにゴミで脳が一杯になると固まって、脳が縮んでしまうのがアルツハイマー病です。
固まると周りの神経を傷つけてしまうとのこと。
東京都健康長寿研究センターの石井賢二先生によると、このゴミは正確には「アミロイドβ」、タンパク質のゴミです。
近年アミロイドβがどれくらい溜まっているのか計測できるようになりました。
アミロイドβの蓄積を抑えることが予防のカギになります!

2 予防のカギはアミロイドβの排出

ではアルツハイマー病になる人とならない人との境目は?
アメリカのワシントン大学ジョン・モリス教授はこれまでの常識を覆す2つの論文を発表しました。
アミロイドβの蓄積を溜まりにくくするには?
ヒントは◯◯◯に例えることができるだろうとモリス教授は答えています。
答えは「洗面台」です。
アミロイドβの産出は健常者もアルツハイマー患者も同じでした。
ところがアミロイドβの排出量ではアルツハイマー患者の量は健常者より少ないことが分かったのです。
アルツハイマー患者のアミロイドβの蓄積は、その排出量の低下が原因だったのです。

では、どう排出したら良いのでしょうか?
寝るとアミロイドβを脳から洗い流す能力が高まることがオランダのクラッセン助教授の研究で明らかになりました。
40代から60代までの健康な男性を2グループに分け、1グループはふつうに寝て、もう一つのグループは徹夜したところ、ふつうに寝たグループではアミロイドβの量が寝る前よりも減っていました。
一方徹夜グループではアミロイドβの量は寝る前よりも増えていたのです。
なおどの程度の睡眠不足がアミロイドβの量に影響するかは未だ分かっていません。
またアメリカのワシントン大学ホルツネン教授は熟睡度合いを就寝後の動きから調査しました。
するとしっかり熟睡出来ている人ほどアミロイドβの排出が出来ていることが分かりました。
アミロイドβの適切な排出は質の良い睡眠が効果があるということです。
寝るとアミロイドβを脳から洗い流す能力が高まることがわかってきました。
睡眠時間は脳にとって大事な「クリーニングタイム」といえます。
適切な睡眠時間を確保して、脳をお掃除するタイミングを確保することが大切です。
アイリフ准教授はネズミの脳を観察し、血管を緑の光が流れていくのを観ました。
これこそがアミロイドβ排出の瞬間でした。
「睡眠」が脳の血管に隙間をつくり、アミロイドβを流しやすくしていたのです。
鳥取大学村上克哉教授によると、

① 脳のゴミを排出するためには、
ア 6時間から8時間の睡眠
イ 30分以内の昼寝
が良いんだそうです。
夜間のほうがアミロイドβの排出が活発になるとのこと

3 脳の神経細胞を活性化

睡眠でアミロイドβを排出する以外にも、同時に脳の神経細胞を活性化することも予防には効果的です。
② 脳神経を活性化させるには、

ア 有酸素運動
イ コミュニケーション
ウ 知的活動 

が良いんだそうです。
有酸素運動は弱った神経細胞を活性化するホルモンを分泌してくれます。
コミュニケーションも脳神経を活発化してくれます。
知的活動とは編み物や囲碁・将棋など頭を使って指先を動かすものをいいます。

4 アルツハイマー病を予防する食事法

アメリカ・シカゴのラッシュ大学医療センターのモリス教授はアルツハイマー病になった人とならない人との食生活をアンケートで詳しく調査しました。
すると摂っている食材の種類で違いが出ました。
それを基に提唱されているのが「マインド食」です。

これは、積極的に取るといい食材を10項目、なるべく控えた方がいい食材を5項目に分けたもので、目安となる頻度も合わせて紹介されています。
約1000人のお年寄りを平均5年間追跡した結果、全15項目のうち9項目以上を達成できていた人は、5項目以下だった人たちに比べアルツハイマー病の発症が53%も低いという結果が出ました。

《積極的に取る(かっこ内程度)とよい食材》
・緑黄色野菜(週6日以上) ・その他の野菜(1日1回以上) ・ナッツ類(週5回以上) ・ベリー類(週2回以上) ・豆類(週3回以上) ・全粒穀物(1日に3回以上) ・魚(なるべく多く) ・鶏肉(週2回以上) ・オリーブオイル(優先して使う) ・ワイン(1日グラス1杯まで)

《控えた方(かっこ内程度)がよい食材》
・赤身の肉(週4回以下) ・バター(なるべく少なく) ・チーズ(週1回以下) ・お菓子(週5回以下) ・ファストフード(週1回以下)

ただし、これはあくまでアメリカ版で、日本人にどれだけ効果があるのか、日本人のための食事法などは現在研究中です。
日本人の食生活では塩分摂取量が多めなので、 “減塩”が大切ではないかと考えられています。
実は、アミロイドβを排出するのにも神経細胞に栄養を届けるのにも欠かせないのが脳の血管。
ところが、塩分の取り過ぎは脳の血管を傷つけることにつながります。
だから、脳の血管をしなやかにキープするため減塩が大切だと考えられているのです。
NHKガッテンHPより

食事で大切なのは、「バランスの良い食事」「減塩」「脳の血管を丈夫にする食事」です。
日本人向けのマインド食については、国立循環器医療センターで現在開発中です。
また既にアルツハイマー病に罹っている人にとっても質の良い睡眠は良いことですが、それ以外は医師の適切な指導のもと活動内容を検討する必要があります。
また食事は②脳の神経細胞を活性化させるだけでなく、①脳のゴミを排出することの双方に効くものだそうですよ(*^^*)

 

www.grandmasayuri.com

 

 

www.grandmasayuri.com