grandmasayuri.com(グランマさゆり)-サードエイジ-

~人生の後半もワクワク楽しく!~

「GHOST IN THE SHELLゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊」ハリウッド実写版

「GHOST IN THE SHELLゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊」ハリウッド実写版を観た。
コアなファンが多い攻殻機動隊シリーズだが、ハリウッド版は全くの別物といっていい。
もちろん攻殻機動隊ファンも、はじめての人でも楽しめる内容だ。

 

「GHOST IN THE SHELLゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊」ハリウッド実写版

押井監督も「間違いなく今まで作られた『攻殻』のなかで、一番ゴージャスな作品になると思う」と太鼓判!

本当の自分は誰なのか?果たして、自分を全身義体へ変貌させた原因にたどり着けるのか?

 

あらすじ

近未来、脳以外は全身義体の世界最強の少佐(スカーレット・ヨハンソン)は唯一無二の存在。
悲惨な事故から命を助けられ、世界を脅かすサイバーテロリストを阻止するために完璧な戦士として生まれ変わった。
テロ犯罪は脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達し、少佐率いるエリート捜査組織・公安9課がサイバーテロ組織と対峙する。
捜査を進めるうちに、少佐は自分の記憶が操作されていたことに気づく。自分の命は救われたのではなく、奪われたのだと。
―本当の自分は誰なのか?犯人を突き止め、他に犠牲者を出さないためにも少佐は手段を選ばない。
監督 ルパート・サンダース
出演 スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピット、ジュリエット・ビノシュ
[ゴースト・イン・ザ・シェル 上映時間:107分 ]
TOHOシネマズより

少佐・・・スカーレット・ヨハンソン
バトー・・・ビルウ・アスベック
新巻・・・ビートたけし
オウレイ博士・・・ジュリエット・ビノシュ
クゼ・・・マイケル・カルメン・ビット

スカーレット・ヨハンソン演じる本作の主人公”少佐”は、人間とテクノロジーの境界がますます曖昧となった近未来の社会を舞台に、操作組織・公安9課の先頭に立つ、脳以外が全身義体である最強の捜査官。

アニメ攻殻機動隊でおさらいしよう!

<アニメ攻殻機動隊>

ルパート監督と主演スカーレット・ヨハンソンのインタビュー

「2016年最も稼いだ俳優ランキング」で堂々首位となり、名実ともに世界トップのハリウッドスターであるスカーレット・ヨハンソンをもってしても、脳が組み込まれた全身義体という人間とかけ離れた存在を演じることは簡単ではなかったようで「少佐の自己発見の物語でもあるの。今まで経験したことのないものね。」と説明。
その新たな挑戦をルパート監督とともに乗り越えたことを明かしています。
「彼女のアイデンティティの探求や、自分の出自をめぐる真実を知りたいという欲求について、ルパートと私は会話を重ねたわ。このキャラクターは、自分に与えられた人生と、自分で選び取る人生の両方があると考えるようになるの。それがこの映画に参加したいと思った本当の理由ね。この映画には新しい感覚があるの。」
ルパート監督も「スカーレットは少佐の秘めたる怒りと、隠された人間性を表現してくれた。」と振り返っており、難解な世界観のなか複雑な役どころながらも観客を感情移入させる瞬間を作り出すスカーレットの表現力を「私にとっては、スカーレットこそがサイバーパンクの女王だ!」と絶賛。
緊迫感に満ちたシーンで共演した名女優ジュリエット・ビノシュも「スカーレットが演じる少佐は、どんな状況にも対応できるわ。」と、”少佐”役としても、また一人の女優としてもその強さを称えています。
またオリジナルである『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を監督した押井守も撮影現場に訪れ、心と体が統一されていないキャラクターを演じきっているスカーレットを実際に目撃。
「少佐には、共謀で好戦的な側面もあるが、不安に苛まれてもいる。彼女は全くの人間でもなければ、まったくのロボットでもない。スカーレットはそれを目で表現することが出来る。彼女は僕が描いたキャラクターとかなり近い。この役は彼女のための役で、他の誰も演じる事ができなかっただろう。」と賛辞を惜しみません。
「GHOST IN THE SHELLゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊」ハリウッド実写版公式サイトより

「GHOST IN THE SHELLゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊」ハリウッド実写版の感想

街のようすは、香港、東京、台湾のようなゴチャゴチャした感じですが、映像美がハンパない。
少佐の乗るホンダのNM4バイクもカッコイイ!
屋上からのダイブや芸者ロボなど、随所に原作へのオマージュが散りばめられている。
難しい役どころを演じきったスカーレット・ヨハンソンは立派だと思う。
後半のたけしはアウトレイジのヤクザそのもの。
もちろんアニメとは違って、ところどころ?なところはありますが、アニメファン、攻殻機動隊ファンでも十分に楽しめる内容になっている。
押井守監督のアニメ「GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊」とは、内容も全く別物。
ぜひ、劇場まで足をお運びください。

アニメ攻殻機動隊の予備知識

時は21世紀、第3次核大戦とアジアが勝利した第4次非核大戦を経て、世界は「地球統一ブロック」となり、科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台。

電脳により脳の記憶を外部化することは、複雑で微妙な社会状況を引き起こした。この電脳化・義体化により、曖昧になってきた「人とは何か?」「心とは何か?」と言う疑問から『ゴースト』と呼ばれる概念が生まれてきた。『ゴースト』とは、人間の個体としてのアイデンティティーを司る部分をさす。つまり、今の言葉で“魂”“霊魂”を意味し、「個(個人)」を特定する因子のこと。

 

 

www.grandmasayuri.com

 

 

www.grandmasayuri.com

 

 

www.grandmasayuri.com

 

 

www.grandmasayuri.com